引越し見積もり最安
引越し見積もり最安 > 電話見積もりの取り方とメリット・デメリット

電話見積もりの取り方とメリット・デメリット

LINEで送る
Pocket

電話で引っ越しの見積もりをとる際の注意点

引っ越しの見積もりをとるには、「訪問見積もり」と「電話見積もり」の2つの方法があります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、詳しくみていきましょう。

電話での引越しの見積もりは、荷物量が少ない一人暮らしの引越しの場合など、バンに積み込める程度の荷物の量であればほとんどの業者で対応してくれます。

どのように見積もりをとるかというと、業者に電話をかけオペレーターから質問された内容に答えていくという形式です。荷物の量を正確に把握するため、オペレーターは家具などの高さ・横幅・奥行まで一点ずつ確認していきます。そうしてすべての荷物のヒアリングが完了したところで、見積もりが提示されます。長い場合でも30分程度でヒアリングが終わり、見積書は郵送またはメールで確認できます。ただし、荷物の量が多いと判断された場合には、訪問見積もりが必要になることもあります。

このように電話見積もりでは気軽に見積もりを出してもらえますが、気をつけなければいけないのは大きな荷物の申告漏れです。口頭で伝えた荷物の中に、大きな荷物の申告が漏れていたら、トラックに荷物が乗りきらず、追加料金が発生することもあります。ダンボール1、2個程度ならばそのまま対応してくれることがほとんどですが、電話だとついうっかり荷物を伝え忘れてしまうこともあるので、気をつけてください。

電話見積もりをスムーズに行うためには、あらかじめ自分で荷物をリストアップしておいたり、引っ越しの内容をまとめておくと良いでしょう。またオペレーターの質問にすぐ答えられるよう、自宅から電話をすると便利です。

訪問見積もりの場合は、引っ越し業者に実際に自宅まで来てもらい、荷物の量や引っ越しの内容について確認してもらうことになります。基本的にはこの訪問見積もりも無料で行ってもらえることがほとんどです。

訪問見積もりの場合は業者に荷物の量を目で見て確認してもらえるので、より正確な料金を出してもらえます。当日に不測の事態が起きることもありません。また、段ボールも適切な数を用意してもらえたりというメリットもあります。

ですが訪問のためにスケジュールを開けておかなければいけないので、時間の拘束があります。見積もりにかかる時間は30分~1時間半くらいみておきましょう。それだけなら良いですが、事前に部屋の片付けをしたり不要品を減らしておくなどの準備も必要です。時間に余裕がない方にはあまりおすすめできません。

訪問見積もりは、引っ越し業者のスケジュール次第で来てもらうことになります。繁忙期でなければ、だいたいの場合依頼日当日でもすぐに来てもらえます。

実際に来てもらった際には、きちんと料金面・作業内容のすり合わせをしておきましょう。訪問してもらったにもかかわらず、双方の認識がズレていると引っ越し当日にトラブルが起こる可能性もあります。荷物の運送条件や見積書はしっかりその場で確認するようにしましょう。

最安業者が見つかる!ネットからまとめて見積もり!

多くの方が利用されてます!相場が分かる!引越し料金が最大50%オフ!!
わざわざ引越し業者に自宅に来てもらう必要ナシ!

引越し侍

オススメ度 ★★★★★
見積もり料金 無料
見積もり可能業者数 全国243社
主な業者 サカイ引越センター、アリさんマークの引越社、 アート引越センター、アーク引越センター、日通など
特 長 最大10社まで無料一括見積もり!
TV・ラジオCM放送中!引越し見積もりなら引越し比較・予約サイト【引越し侍】。
全国243社の引越し料金を比較して、費用が最大50%安くなる!
引っ越しの見積もり以外にも、料金相場や、各業者のサービス内容・口コミ、引越しの手続き・準備や荷造りなど情報満載です。
詳細 公式サイトimp

スバット引越

オススメ度 ★★★★
見積もり料金 無料
見積もり可能業者数 全国220社以上
主な業者 サカイ引越センター、クロネコヤマト、 アート引越センター、アーク引越センター、ハート引越センター、日通
特 長 最大10社まで無料一括見積もり!
利用者数400万人突破!94%の方がリピ利用を希望だから安心して利用出来ます。
24時間ネットで簡単無料一括見積もり依頼が出来、引越し手続きも一括でOK!
期間限定の特典を利用してお得に引越しをしましょう。
詳細 公式サイトimp