引越し見積もり最安
引越し見積もり最安 > 急な転勤など急ぐ時の引越テクニック

急な転勤など急ぐ時の引越テクニック

LINEで送る
Pocket

急な引っ越し!どうすればいいの?

仕事などで急に辞令がくだり、極めて短時間で引っ越しをしなければいけないこともあります。
このような場合はどうすればよいのでしょうか?

辞令後10日間で引っ越しを済ませた経験から、そのテクニックをお話します。

なお、今回は以下のような想定でお話します。

・一人暮らし
・賃貸物件から賃貸物件に移る
・9時~18時勤務の社会人
・新居に関しては会社が手配してくれている
・土日祝日が休みだが、引っ越しのための休暇はない
・引っ越しまでの時間は2週間

まずすべきことは解約手続きと引っ越し業者選び

辞令がくだった時点でまず真っ先にすべきことは、今住んでいる家の解約手続きです。その次に引っ越し業者を探すことになります。

インターネットを使ってもよいし、個別に電話をしてもよいのですが、この場合、「紙媒体のパンフレットをもらって、それをゆっくりと精査する」という時間はかけられないでしょう。

時間のロスを避けるために、見積りをとる段階で、「すぐに引っ越しをしなければならない」ということを伝えておきましょう。
場合によっては翌日でも対応してくれます。

忙しい人は引っ越し業者に丸投げもアリ

上記のように、「引っ越しのための休暇がなく、かつ引っ越しの前日まで通常通りに働いている」という場合、引っ越し業者に丸投げしてしまう方法もあります。

妊婦さんのいるご家庭や高齢者世帯が主な利用者層だと考えられるサービスで、「梱包から荷ほどきまですべてを引っ越し業者がやってくれる」というものがあります。

お金はかかりますが、引っ越し慣れをしておらず、かつ素早い引っ越しが必要な人はこれを利用してもよいでしょう。時間をお金で買う、という方法です。

「1日でどうにかしよう」は慣れた人でないと難しい

新居に移ると、すぐに「今まで通りの生活」を送りたい、と思う人が多いでしょう。

しかしながら、たったの2週間で、しかも引っ越し慣れをしていない人が完璧に作業を完了するのは無理があります。足りないものの買い出しやほどき終えていない荷物、各種の手続きはほぼ確実に残ります。

このような場合、「引っ越し業者にきてもらった引っ越し当日」だけでどうにかしようとは思わない方が賢明です。

市役所などでは土曜日にあいているところもありますから、手続きは翌週に回したり、買い出しは仕事帰りに周辺地理を頭に入れることもかねてスーパーに足を運んだりするようにします。荷ほどきも、必要最低限のものだけを出し、後は徐々にほどいていく、という方法でも大丈夫です。

私は引っ越しに相当慣れていますが、それでも急な引っ越しですと、落ち着くまでに1週間は必要でした。荷物の片付けは終わっても、手続きや買い出しが間に合わなかったのです。

混乱もあると思われるので、主だった荷物の運搬などが終わったら、後は空き時間を利用して少しずつ片付けていきましょう。

最安業者が見つかる!ネットからまとめて見積もり!

多くの方が利用されてます!相場が分かる!引越し料金が最大50%オフ!!
わざわざ引越し業者に自宅に来てもらう必要ナシ!

引越し侍

オススメ度 ★★★★★
見積もり料金 無料
見積もり可能業者数 全国243社
主な業者 サカイ引越センター、アリさんマークの引越社、 アート引越センター、アーク引越センター、日通など
特 長 最大10社まで無料一括見積もり!
TV・ラジオCM放送中!引越し見積もりなら引越し比較・予約サイト【引越し侍】。
全国243社の引越し料金を比較して、費用が最大50%安くなる!
引っ越しの見積もり以外にも、料金相場や、各業者のサービス内容・口コミ、引越しの手続き・準備や荷造りなど情報満載です。
詳細 公式サイトimp

スバット引越

オススメ度 ★★★★
見積もり料金 無料
見積もり可能業者数 全国220社以上
主な業者 サカイ引越センター、クロネコヤマト、 アート引越センター、アーク引越センター、ハート引越センター、日通
特 長 最大10社まで無料一括見積もり!
利用者数400万人突破!94%の方がリピ利用を希望だから安心して利用出来ます。
24時間ネットで簡単無料一括見積もり依頼が出来、引越し手続きも一括でOK!
期間限定の特典を利用してお得に引越しをしましょう。
詳細 公式サイトimp