引越し見積もり最安
引越し見積もり最安 > 引っ越し業者に運んでもらえない荷物もある

引っ越し業者に運んでもらえない荷物もある

LINEで送る
Pocket

引っ越しをする際、どんな荷物でも運んでもらえるわけではありません。国土交通省で許可を受けているきちんとした引っ越し業者でも、荷物の運搬を拒否できる荷物もあります。

万一内容を偽って運んでもらった場合、事故が起こったときに引っ越し保険の補償の対象外となるばかりでなく、賠償金を請求されることもあるので注意が必要です。

下記のようなものが運搬不可の対象ですので、参考にしてください。

現金

金額の大小に関わらず、現金は自分で管理してください。引っ越し作業中は人の出入りも多くなりますし、玄関や窓も解放されているため外部からの盗難の危険もあります。

他の荷物と一緒にトラックに積み込まれてしまい、紛失の可能性もありますし、肌身離さず持っておきましょう。

貴重品

こちらも現金と同じですが、盗難・紛失に注意しましょう。

自分で身に着けておくか、に目を離さないようにして管理しましょう。具体的には通帳、銀行印、実印、キャッシュカード、といったお金にまつわるもの。そして有価証券や小切手、株券などお金と同様の扱いをされるもの。

さらに最近で言えばマイナンバーカード、マイナンバー通知カードもこの対象になります。もちろん高価な宝石や貴金属類なども該当します。これらは万が一紛失した場合でも、保険の補償対象外なので、なくしてしまうと取り返しがつきません。

美術品、骨董品

少しでも傷がついてしまうと価値の下がる高価な美術品や骨董品も注意が必要です。破損してしまっても、標準で業者が加入している保険の上限額によっては、補償が足りなくなることがあります。

国土交通省が定めている約款でも「運搬を拒否する権利があるもの」と定められています。とはいえ彫刻や壷など大きくて重たいものは自力で運搬するのが大変ですよね。そういった場合には引っ越し業者に相談の上、別途自分で損害保険に加入するなど対策をとりましょう。

引っ越し専門の業者ではなく、高価な美術品を専門で輸送する部門を設けている業者にお願いするのもひとつの方法です。

危険物

燃えたり爆発する危険性があるものも運搬不可の対象です。

石油ファンヒーターのタンク内に残った灯油などもそのままでは運んでもらえません。最後まで使い切るか、必ず空にしてから運んでもらいます。灯油を保管するためのポリタンクなども必ず空っぽにする必要があります。火薬、花火もNGです。

生き物、植物

動植物も業者は運搬を拒否する権利を持っています。犬や猫などのペットはもちろん、ガーデニングで育てていた花、盆栽など、輸送中に動植物の生命に関わることがあっては困るので、すべて運んでもらえません。

多頭飼いなどで自分で運搬することが難しい場合には、ペット輸送を専門としている業者に別途依頼しましょう。
小さな鉢植えやサボテン程度であれば運んでくれる場合もあります。

ですが大きな観葉植物や、高価な盆栽などは枝や葉を傷つけてしまったり、土から水が染み出て他の荷物を濡らす心配があるため、拒否されることがほとんどです。何かあっても責任は問わないと契約を交わしてから運んでもらうことができるか交渉してみるのはありです。

大量にある場合は、植物の運送を専門とする業者に相談してみましょう。

楽器

楽器は値段も仕様もピンキリ。高価な楽器の場合には迷わずオプションサービスを利用するか、専門業者に頼ましょう。

ピアノやエレクトーンは重量があるうえ、繊細なものなので楽器の特性をよく理解した専門業者に任せるほうが安心です。そういった業者の運送トラックには小型のクレーンが付いているのもあり、窓から搬出入してもらうこともできます。

エレクトーンやアップライトピアノであれば引っ越し業者のオプションサービスでも良いと思いますが、グランドピアノは専門の業者にお願いしましょう。調律師さんから運送業者を紹介してもらえることもあります。

バイオリン、ギター、ハープといった弦楽器は、ネックが曲がったりネックに傷がついたりすると音質が変わってしまいます。ギターの場合は何本も所有していることもありますし、すべてにケースがあるわけでもありません。

他に替えがきかない物なので、自力での運搬が難しい場合には楽器専門の業者を探してみましょう。

和太鼓、ドラム、マリンバといった打楽器は、パーツに分けてしっかりとした梱包をすれば運んでもらいやすくなります。

ですがいずれも楽器は繊細なものなので、その楽器の扱い方をよく知っている専門家に運んでもらうのが一番安全です。

自動車、オートバイ

どちらも引っ越し用のトラックには載せられません。

オプションサービスを利用するか、別途運搬を申し込んでください。運長距離を移送する場合には、方面別に何台かまとめて専用車両で運ぶことになるのである程度日数がかかることも知っておきましょう。

人間

目的地が同じなので引っ越し用トラックに同乗したいと思う方もいらっしゃると思います。ですが実は輸送トラックに同乗するというのは違法行為なのです。

なぜかというと、物を運搬する業務を国土交通省に届け出て許可を受けていて、タクシーやバスのように、人を目的地まで運ぶための旅客輸送の許可ではないからです。

そのため移動途中に事故を起こしてしまったり第三者の事故に巻き込まれてしまうこともあり得ますが、当然ながら補償の範囲外となってしまいます。トラブルの元になりかねませんし、個人営業の引っ越し業者の場合、廃業となってしまうかもしれません。

このように、引っ越し業者に運んでもらえる物、運んでもらえない物はたくさんあります。この部分を理解し、スムーズな引っ越しができるように事前に準備しておきましょう。

最安業者が見つかる!ネットからまとめて見積もり!

多くの方が利用されてます!相場が分かる!引越し料金が最大50%オフ!!
わざわざ引越し業者に自宅に来てもらう必要ナシ!

引越し侍

オススメ度 ★★★★★
見積もり料金 無料
見積もり可能業者数 全国243社
主な業者 サカイ引越センター、アリさんマークの引越社、 アート引越センター、アーク引越センター、日通など
特 長 最大10社まで無料一括見積もり!
TV・ラジオCM放送中!引越し見積もりなら引越し比較・予約サイト【引越し侍】。
全国243社の引越し料金を比較して、費用が最大50%安くなる!
引っ越しの見積もり以外にも、料金相場や、各業者のサービス内容・口コミ、引越しの手続き・準備や荷造りなど情報満載です。
詳細 公式サイトimp

スバット引越

オススメ度 ★★★★
見積もり料金 無料
見積もり可能業者数 全国220社以上
主な業者 サカイ引越センター、クロネコヤマト、 アート引越センター、アーク引越センター、ハート引越センター、日通
特 長 最大10社まで無料一括見積もり!
利用者数400万人突破!94%の方がリピ利用を希望だから安心して利用出来ます。
24時間ネットで簡単無料一括見積もり依頼が出来、引越し手続きも一括でOK!
期間限定の特典を利用してお得に引越しをしましょう。
詳細 公式サイトimp